私もイベント会社を東京で起業していますが、企業を起こす人というのは、大抵の場合は将来の起業に向かって目標を定めている人で、今現在は親方に弟子入りしたり、下働きで頑張って何れは独立しようと考えている人、或いは今は勤め人やサラリーマンをしているが、実力をつけながら人との関わり合いを大切にしながら、人脈を培っているという方などでしょう。

 

此のように、計画的に着々と準備をしている人と、此れとは全く対照的に起業のタイミングが偶然のように訪れる場合もあるでしょう。

 

企業を起こすためには勿論ながら、ある程度の資金なども必要になってきますし、その為には資金の提供者や投資家なども考慮する必要があります。 他にも起業のためにはパートナーや仲間をどうするかとか人の採用面など、様々な形で人との関係をも構築しなければなりません。

 

此等の要素が揃っていて起業家として成功の要件が成り立つのでしょう。 勿論、一番大事な要素は、信念のある正しいモチベーションを持つことも大事なことです。

 

 

しかし、近年ではIT関係企業というのは、たった一人の思いつきや、たった一台のパソコンが有ればインターネットを利用した起業が可能になっているのです。 所謂、一種のベンチャー企業ともいわれるもので、此のようなビジネスモデルを持つ企業、つまりインターネットによるビジネスモデルの起業も盛んに行われているのが実情でも有るようです。