2011年度 第9回 国際シンポジウムを開催します。

REPORT 活動報告

2011年度 第9回 国際シンポジウムを開催します。

2012年1月31日(火)「地域活性化と産業再生」をテーマに国際シンポジウムを開催します。

2011年度 第9回 国際シンポジウム
地域活性化と産業再生

開催概要
過疎化や高齢化に当面する地方の地域にとって、地域活性化は不可欠の課題である。地域活性化はさまざまな手法で進められているが、その地域に立地する産業の再生、そして産業育成は最も基本的な政策である。多くの地域で産業育成に取り組んでいるが、具体的なモデルが描けていない。そこで、地方の小都市に小規模な産業クラスターを形成する政策を進め、成功している海外事例を研究者と実務家に紹介してもらいながら、どのように小規模の産業を育成するのか、その成功の条件などを議論する。

プログラム(同時通訳付き)
※講演者、講演タイトルは変更となる場合があります。

開会挨拶
増田壽男(法政大学総長)

講演1
Bjørn Arne Skogstad、(ノルウェー、Innovasjon Norge、Programleder NCE)
「ノルウェーのNCEとクラスター政策」

講演2
Giovanni Solinas(イタリア、モデナ大学教授)
「イタリアの産業集積とクラスター政策」

講演3
天野元(仙台市経済局産業政策部産業振興課長)
「地域産業政策と産業のクラスタリング」
昼休み
講演4
Björn Asheim(スウェーデン、ルンド大学教授)
「スウェーデンの産業クラスターとクラスター政策」

パネルディスカッション
パネラー:Bjørn Arne Skogstad氏
Giovanni Solinas氏
天野元氏
Björn Asheim氏
森勇治(静岡県立大学専任講師)

コーディネータ:岡本義行
       (法政大学大学院政策創造研究科教授、地域研究センター副所長)

まとめ
清成忠男(地域活性学会会長、法政大学学事顧問)

閉会挨拶
福田好朗(法政大学常務理事、地域研究センター所長)

(途中コーヒーブレイクあり)

日時2012年1月31日(火)9:45~16:30
場所法政大学市ヶ谷キャンパス ボアソナード・タワー26階スカイホール
*JR、地下鉄飯田橋駅または市ヶ谷駅より徒歩約10分。
http://www.hosei.ac.jp/hosei/campus/annai/ichigaya/campusmap.html
参加費無料
主催法政大学地域研究センター
後援日本ベンチャー学会 地域活性学会 法政大学大学院政策創造研究科
法政大学エクステンション・カレッジ

【参考資料】
国際シンポジウムチラシ