【神奈川県 相模原市】相模原・町田大学地域コンソーシアム

REPORT 活動報告

【神奈川県 相模原市】相模原・町田大学地域コンソーシアム

相模原市と町田市を生活圏とする様々な主体が連携し、それぞれの特性を活かした協働を通じて、魅力あふれる地域社会の創造を目指す「相模原町田地域大学連携プラットフォーム構想」への参画。

本センターは、プラットフォームづくりのため大学・NPO・企業・行政などによる連携の仕組みを研究する「相模原町田地域大学連携方策研究会」に2003年の発足当初から参加し、運営委員会および各分科会(情報発信部会、情報誌編集ボランティア部会、コンソーシアム大学準備検討会)にセンター事務室職員を派遣した。

3年間の検討の中でこれまでのプロジェクト活動で得た産学公連携の仕組みづくりのノウハウを提供し、2007年6月、両市内の15大学、商工会議所等の経済団体、NPO組織からなる「相模原町田大学地域コンソーシアム」設立に寄与することができた。

設立後も、多彩な学びの場を市民に提供する教育学習事業、まちづくりの担い手を育成する人材育成事業、新たな文化・福祉・産業の発展に寄与する地域発展事業を柱とする同コンソーシアムの中で本センターは主導的役割を果たし、教育学習事業としての「さがまちコンソーシアム大学」が2008年度に開講される運びとなった。

※コンソーシアムとは…、大学の専門性や学生の活力をまちづくりに生かした大学の実践的な教育・研究の場として地域を活用するなど、地域と大学の相互にメリットとなる連携・協働事業を推進するために設立された、大学、企業、NPO、行政による共同事業体です。