【神奈川県 相模原市】「相模原・町田大学地域コンソーシアム」への参加で広がる地域社会との連携

REPORT 活動報告

【神奈川県 相模原市】「相模原・町田大学地域コンソーシアム」への参加で広がる地域社会との連携

2007年6月20日(水)、相模女子大学で開催された「相模原・町田大学地域コンソーシアム設立総会」に本学は設立メンバーとして参加しました。同コンソーシアムは、相模原・町田を生活圏とする大学、NPO、企業、行政などさまざまな主体が連携し、それぞれの特性を生かした協働を通じて、魅力あふれる地域社会の創造を目的に、多彩な学びの提供、まちづくりの担い手の育成、新たな文化・福祉・産業の発展に向けたさまざまなプロジェクトを展開していくことになります。

またこれに先立つ6月3日(日)、麻布大学で開催された「第2回さがみはら環境まつり~広がる相模原!広げよう環境情報(エコネット)!」(相模原市・麻布大学主催)に地域研究センター「千代田学」プロジェクトのメンバーが参加し、本学の地域との連携の取り組みの一環が披露されました。

ブースでは、(1)全国小・中学校・PTA新聞コンクール(毎日新聞主催)中学校・学級新聞の部で最優秀賞を得た九段中等教育学校の「環境新聞」。(2)昌平幼稚園の園児たちによる「感性画」の作品を展示。またステージでは、(1)三菱地所(株)と共同開発した千代田区立九段中等教育学校での実践教育プログラム。(2)臨床美術協会・(株)芸術造形研究所と共同開発した千代田区立昌平幼稚園でのプログラムを報告し、参加された相模原市民の皆さんから多くの感心の声をいただきました